選び方

介護保険は、介護を受ける人にとっては介護費用を軽減できる、とても助かる保険です。
しかし、介護保険報酬を得るためには、煩わしい介護保険請求業務を行う必要があります。
請求額の算定、ケアプランなどの各種帳票の作成など、介護保険請求には時間がかかるものが様々ありますが、それを効率化してくれるのが、介護保険請求ソフトです。
介護保険請求ソフトを活用することで、各種帳票の作成時間の短縮を行うことができますし、データを効率的に管理することができるのです。
また、介護保険請求ソフトの種類によっては、介護職員の給与計算機能や介護業務を効率化する機能が付いているのもあります。
便利な介護保険請求ソフトですが、どのソフトを選んだら良いのかわからない、という人も多いです。
ポイントを抑えておくと、適した介護保険請求ソフトを選ぶことができます。

介護保険請求ソフトを選ぶ時に重要なポイントになるのが、機能性、操作性、コスト、サポートです。
まずは機能性です。機能が充実していないと、ソフトを導入する意味が無くなってしまいますから、必要最低限な機能があるかどうか確認しましょう。
また、最近では多くの機能がついているソフトもあります。使わない機能がついていても意味が無いので、必要な機能を整理しておくと良いでしょう。
次に操作性です。便利なソフトでも、使いにくかったり、使いこなすことができなかったりしたら意味がありません。操作性というのは実際に使ってみないとわからないことなので、無料体験などのサービスを活用して、操作性を確認しましょう。
コストも重要なポイントになります。高額な介護保険請求ソフトもあれば、安い介護保険請求ソフトもあり、幅広いです。
設置型の場合は、初期費用や保守費用の負担が大きくなってしまうので、コストを抑えたいなら、ASP型が良いでしょう。
ただ、サポートが整っていないASP型のソフトを選んでしまわないように、注意が必要です。