介護する女性

ソフトの利用方法

介護保険制度と大きな関係を持っているのが、介護保険請求ソフトです。このソフトがあるおかげで、保険制度の中で介護という職業が上手く回っているのだと言うことが出来ます。

詳しく見る

選び方

介護保険請求ソフトを導入する場合は、誰もが失敗したくないものです。失敗しないためには、機能性、操作性、コスト、サポートなどのポイントを抑えておくことが大切です。

詳しく見る

2つのタイプ

ミスを減らすことができて便利な介護保険請求ソフトを取り入れたいならここをチェックしましょう!業務の効率化に繋がります!

介護システムを導入する場合は、その種類について知っておくことが大切です。
介護システムは大別して、設置のタイプとASPタイプの2種類があります。設置型は、パソコンにソフトをインストールして利用するものです。CD-ROMやホームページからダウンロードすることができます。
ASPとは「Application Service Provider」の略称で、インターネットを通じて必要なアプリケーション機能を借りるというものです。

設置タイプの介護システムは、パソコンにソフトをインストールするので、インターネット環境がなくても利用することができます。
設置タイプには、スタンドアローン型と、クライアントサーバー型があります。
スタンドアローン型は、単独のパソコンで利用するタイプで、サーバーと複数のパソコンをLAN回線で使用するのが、クライアントサーバー型です。
インターネットを介さず利用することがないので、大切な個人情報を第3者に預けずに済むというメリットがあります。
ただ、全て自身で情報を管理することになるので、消失や改ざんに備えて、常にユーザー側でバックアップの作業を行うことが大切です。

ASPタイプの場合は、設置タイプと異なり、ソフトやデータはソフト提供者側のセンターで管理されています。
インターネット環境を介して利用するので、基本的にインターネットに繋がるパソコンなら、どこからでも利用できるというメリットがあります。
また、データのバックアップ、プログラム変更などの作業は、ソフト提供者側が行ってくれるので、ユーザーが行う作業は軽減され、負担が少なくなります。
設置タイプよりも、柔軟な対応を行うことができます。
ただ、インターネットが無いと利用できないですし、インターネット接続の回線速度が遅いと業務に支障をきたすことがあるので、注意する必要があります。
設置タイプも、ASPタイプもそれぞれメリット、注意点が異なるので、それを理解しておくことが大切です。

体験してみる

介護保険請求ソフトは知識をつけて、しっかりと選ぶことが大切です。しかし、実際に使ってみないとわからないこともあります。そこで無料お試し期間を活用することで、使いやすさを確かめることができます。

詳しく見る